お正月

湯島天神|2022合格祈願はいつ行く?年内参拝はOK?お守り郵送情報も!

学問の神様として名高い湯島天神。
毎年、年末年始や受験シーズンはたくさんの受験生が合格祈願の参拝をします。

合格祈願の参拝には行きたいけれど、混雑は避けたい、、、
一体いつ行けばいいのだろうと決めかねている方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、そんな疑問にお応えしていきたいと思います!

湯島天神|合格祈願はいつ行く?

「合格祈願は年内に行くのが良い!」
「初詣で祈願するのが良い!」
などさまざまな意見を耳にします。

しかし、実際は「受験までに行けばいつでも良い!!」のです。

「年内に」という意見は、年明けは寒さが厳しくなりますし、受験が近くなってから体調を崩さないように、という配慮からでしょう。

また、神社での祈願は通常一年間のご利益があるそうなので、年内の早い時期に参拝しても問題ないわけですね。

年明け、年内問わずにご利益には影響はないと湯島天神のHPでも以下のように書かれています!(2021.1.3時点)

受験の合格祈願の参拝時期についてのお問い合わせが多くございますが、
年明け、年内を問わずにお詣り頂いてもご利益には影響はございませんと考えますので
ご都合の良い時期にお詣り下さい。
(例年、参拝で混み合う時期は1月1日から中旬です)

引用元;湯島天神公式HP

参拝の時期とご利益は関係ないのですね!

年内に参拝するか、あるいは例年混み合うのが1月中旬までとのことなので、それ以降に参拝するのが良さそうです。

例年の混雑を見てもやはり平日の午前中が狙い目です!

開門時間や御祈祷の受付時間は、混雑を避けるために状況に合わせて変わることもあるようですので、お出かけの前には公式HPをご確認くださいね。

暖かい服装で混雑を避けてお出かけください。




湯島天神|合格祈願はいつ?お守り郵送の場合!

現在、湯島天神では、直接神社に参拝しなくても、郵送でお守りなどを送ってもらったり御祈祷をしてもらうことができます。

郵送でしたら、混雑や行き帰りの移動を気にせずに、湯島天神のご利益を受けるをことができるので、昨年同様に2022年も合格祈願のカタチとして選択してもいいですよね!

この場合はいつまでに行うのが良いのでしょうか。

参拝せずに郵送でお守りなどを送ってもらう場合
申し込み、現金書留での納金が完了後、5日以内に自宅に発送してくれるそうです。

ちなみに郵送ではお守り以外のも学業成就鉛筆やシャープペン、木札などもお願いできるのでプレゼントにも最適です!

参拝せずにご祈祷を受けたい場合
申し込み、現金書留での納金が完了後、5日以内には御祈祷をしてくれて木札・お守り・学業成就鉛筆2本組などを自宅に発送してくれるそうです。

しかし、2022年も希望者が多いことが予想されるため、それ以上の日数がかかることもあるかもしれませんので余裕を持って申し込みをしたほうが安心ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

例年とは違う状況の中、合格祈願の参拝の時期を決めかねている方の参考になりましたら嬉しいです。

  • 合格祈願は受験までに参拝すればいつでもよい
  • 直接参拝せず、お守りなどを郵送してもらう場合は申し込み日から一週間程度は余裕を持った方が良さそう
  • 直接参拝せず、御祈祷、お守りなどを郵送してもらう場合は申し込み日から10日程度、余裕を持ったほうが良さそう

郵送の場合は混雑時にかかる日数を、2021年1月の神社の公式ページのコメントより予想しました。

実際は状況により変わっていくと思います。

湯島天神の公式HPは、細かくアナウンスを出してくださっているサイトなので、実際のお申し込みの前にぜひ確認してみてください。

落ち着かない状況の中、受験生やご家族は不安も尽きないことと思いますが、希望の学校に合格されることをお祈りいたします!

体調に気をつけて頑張ってくださいね