その他フード

一風堂|プラントベース赤丸のカロリーとお味は?植物性由来で豚骨風って?

カンブリア宮殿(2/4放送)でも紹介された一風堂の「プラントベース赤丸」

2月1日〜全国45店舗の一風堂で期間限定で食べられます!

一風堂といえば博多とんこつラーメン!

しかし、「プラントベース赤丸」は動物由来の素材(肉、豚骨、卵)をいっさい使用していないのです。

プラントベース=植物由来、の素材を使って、一風堂のとんこつラーメンの味を再現すべく、三年以上の月日をかけて開発してきた入魂の商品なのです!

私もラーメンが大好きですが、やはり食べるときはいつもカロリーを気にしてしまいます。

植物由来ならだいぶヘルシーなのでしょうか?期待大です。

そして、「豚骨なしであの味とコクを出せるの?」「チャーシューはどうするの?」
いろいろ気になります〜!

早速、カロリーとお味について調べてみました!

また、とんこつスープが売りである一風堂が「プラントベースのラーメンをつくる!」という難題にチャレンジした理由がとても興味深かったので、そちらも合わせてお届けしていきます。

一風堂の「プラントベース赤丸」のカロリーは?

植物由来なら当然カロリーも低いでしょう!と思いつつ、植物油脂も多く使われているので、そこそこのカロリーはあるのかなという気もします。

さっそく、一風堂に問い合わせてみたところ、とても親切に教えてくれました。

プラントベース赤丸(一食あたり)のカロリーは?
  685kcai

定番メニューの中で最も見た目や味が近いのはやっぱり「赤丸新地」なので比べてみたいと思います。

赤丸新地(一食あたり)のカロリーは?
815kcal

これは、だいぶ違いますね!

プラントベース赤丸なら、罪悪感なくスープを飲み干せそうです!

一風堂の「プラントベース赤丸」のお味は?

まずは、スープのお味から!

豆乳ベースのスープは、かなりとんこつスープに近く、深いコクがあるようです。

昆布だしやポルチーニ茸を隠し味に加えることで大豆独特の風味を抑えた、というのだから驚きですよね。

とんこつスープの動物性の独特な香りが気になる方には、プラントベース赤丸の方が食べやすくお好みに合うのではないでしょうか。

そして、卵は使わず全粒粉に食物繊維を配合したスープに絡みやすいちぢれ麺。

注目は、インゲン豆のペーストや小麦を使った焼き豚風トッピング。

スープや麺は絶賛される一方で、焼き豚風のトッピングは美味しいという方となくてもいいなという方と賛否が分かれているようですね。

オリーブ油で炒めたシメジ、マイタケ、キクラゲものっています。

そして定番商品の「赤丸新地」と同様に、丸くのせた辛味噌が見た目も味もキリッとしめています。

物足りない感じはないようなので、お肉が好き!豚骨スープが好き!な方も試す価値はありそうですね!




一風堂が植物由来のラーメンにチャレンジした理由は?

近年、プラントベース(植物由来)の原料で作られた料理や食品が欧米を中心にトレンドになっています。

人の健康や栄養の面だけではなく、地球資源の消費や温室効果ガス排出の削減など、環境保全にも貢献できるということで注目を浴びています。

日本でも、コンビニのお惣菜やお弁当、ファーストフードで大豆ミートを使ったメニューが並んでいます。

私はこれまであまり気にとめていなかったのですが、探してみるとけっこうあります!

自宅での料理に大豆ミートを取り入れる人も増えており、日本でも急速に身近な食べものになってきていると感じます。

この度、一風堂が発売した「プラントベース赤玉」は、長きにわたり大豆タンパクの研究を続けている不二製油と3年以上の歳月をかけて、試行錯誤の末、共同開発してきたものなのです。

プラントベースフードのトレンドも見越しての開発でもあったのでしょうが、一風堂が2008年のニューヨーク店を皮切りに海外展開を進めてきたことも背景にありました。

海外には、宗教的な理由であったり、ベジタリアンやヴィーガンでとんこつラーメンを食べない人も大勢います。

一風堂は「そういった方にも日本の国民食であるラーメンを食べていただきたい」と、実際に海外ではヴィーガンラーメンの開発も行っていたそうです。

そんな折に、不二製油から豆乳をベースにした植物性スープの提案があり、共同開発のきっかけとなったそうです。

国内外の多くの人に一風堂のラーメンを食べてほしい、そして環境問題も意識した幅広い視野があったからこそ、「プラントベースでとんこつ風ラーメンを作る」という難しい企画にチャレンジしてこれたのですね!




まとめ

いかがでしたでしょうか?

◆一風堂のプラントベース赤丸のカロリーは685kcal

◆一風堂のプラントベース赤丸はとても美味しい!
豚骨ラーメンのコピーではないが、本物に負けない美味しさ。
どちらが好きかは好みによるところ。

なんと一風堂は、ゆくゆくはプラントベース専門のラーメンブランドも検討しているそうです!

これは、面白いことになってきました!

「プラントベース赤丸」は税込1100円!
期間限定でなくなり次第終了です!

まだの方はぜひお試しくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カンブリア宮殿の大豆ミートはどこで買える?不二製油の開発秘話も!不二製油の「大豆ミート」がカンブリア宮殿で紹介!美味しいと評判の味をどこで食べられるかをまとめました。...